ニコン、カメラ国内生産終了へ 市場縮小で年内 - 産経ニュース

メインコンテンツ

ニコン、カメラ国内生産終了へ 市場縮小で年内

ニコンの「D6」
ニコンの「D6」

カメラ大手のニコンはデジタル一眼レフカメラ本体の国内生産を年内に終了することが7日、分かった。スマートフォンカメラの性能向上で、デジタルカメラ市場は大幅に縮小している。構造改革の一環として、国内で唯一、カメラ本体を手掛けている宮城県の工場からタイの主力工場に生産を移管する。

ニコンは昭和23年にカメラを発売し、キヤノンとともに業界をけん引してきた。国内では現在、関連会社の仙台ニコン(宮城県名取市)の工場でプロ向けの最上位機種「D6」のみを生産している。ニコンは「海外で作っても品質水準は落ちない」と説明する。

宮城県の工場は雇用を維持して部品などの生産を続け、ヘルスケアやセンサーといった成長事業にも人員を振り向ける。