【池田小事件20年】校内に34人の教職員 わずか4分 防げなかった凶行 - 産経ニュース

池田小事件20年

校内に34人の教職員 わずか4分 防げなかった凶行

児童8人が死亡、教員を含む15人が重軽傷を負った大阪教育大付属池田小(大阪府池田市)事件から8日で20年。事件当時在籍した教職員は現在、真田巧校長(53)のみとなっており、事件の教訓をいかに伝えるかが改めて問われるが、事件の正式な調査報告書はいまだ作成されていない。文部科学省は平成28年度から、全国の学校で起きた死亡事故の検証報告書を集約し、教訓を共有する取り組みを進めているが、大教大側は時間の経過などを理由に、今後も報告書は作成しないとしている。

産経新聞は、同小が事件後5カ月時点でまとめた文書「学校の教育責任に関する反省点」に添付された当時の教職員ら26人の「事件時の行動と反省」(計60㌻)や、宅間守元死刑囚=16年9月執行、執行時(40)=の刑事裁判で証拠採用された教職員ら20人の供述調書などを入手。当時の状況を改めて検証した。浮かび上がったのは、危機発生時の指揮系統がなかったため、教職員らは全体の状況を把握・共有できず、対応の限界と混乱の極みにあったという状況だ。

当時、校門は開けっ放しで、侵入した宅間元死刑囚とすれ違った教諭は会釈して通してしまい、犯行を見た教諭は110番を優先して教室に子供を置き去りにし、通報にも手間取った。この教諭らは「犯人が乱入したとき、まず子供たちの安全確保をすべきなのに、子供と犯人だけの状況を作ってしまった」「事件のあまりの恐ろしさに呆然としていた」などと振り返っていた。

ランキング

  1. 二階幹事長在職5年 自派優遇に不満の声 続投布石も
  2. 【国際情勢分析】先住民政策で中国がカナダ非難 トルドー首相の対中「弱腰」に変化は?
  3. 〈独自〉粉末コロナワクチン 1工程で25回分可能
  4. IOC 中国選手が表彰式に毛沢東バッジで事実関係調査
  5. 「無知蒙昧」SBI北尾氏、農水族らを猛批判
  6. 日本製鉄が最高益予想 4年3月期、3700億円
  7. 事業用太陽光が最も割高に 2030年の電源別統合コスト
  8. 【明解 朝鮮半島】東京五輪に黙っていられない韓国の反日独り芝居
  9. 久保「涙も出ない」最後の5分潜んでいた魔物
  10. 【五輪サッカー】死闘120分 日本、クオリティーの差見せつけられ力尽きる

メインコンテンツ