【聖徳太子没後1400年 第2部②】唱えるだけの平和主義者でなく 戦う太子、物部氏を撃破 - 産経ニュース

聖徳太子没後1400年 第2部②

唱えるだけの平和主義者でなく 戦う太子、物部氏を撃破

朝護孫子寺の「聖徳太子像」。珍しい騎馬姿は太子の勇猛な一面を伝える=奈良県平群町(寺口純平撮影)
朝護孫子寺の「聖徳太子像」。珍しい騎馬姿は太子の勇猛な一面を伝える=奈良県平群町(寺口純平撮影)

大豪族である蘇我氏の血もひく皇子、皇女を父母として、聖徳太子は何不自由ない少年時代を過ごした。31代用明(ようめい)天皇となる父は、聡明(そうめい)なわが子にことのほか目をかけたことを、日本書紀は強調している。

疫病で一変、乱れる世に

〈父の天皇は太子を愛されて、宮の南の上殿(うえのみや)に住まわせられた〉

ランキング

  1. ビットコイン採掘「1強」の中国がシェアゼロに 拠点は壊滅
  2. ASEAN首脳会議にミャンマー国軍トップ招かず
  3. 手術後わいせつ事件 2審判決見直しの可能性
  4. 《独自》尼崎女性刺殺事件で元夫を逮捕へ
  5. 北海道百年記念塔の解体計画 複数の市民団体が反対
  6. マイナカード促進へ「3万円」付与 衆院選で公約
  7. 「興味を…」不倫女性に遺体画像送信 警部を処分
  8. 岸田自民党には容赦ない維新の強気

メインコンテンツ