ケイコ氏優勢も大接戦 ペルー大統領選決選投票始まる

ケイコ・フジモリ氏(ロイター=共同)
ケイコ・フジモリ氏(ロイター=共同)

南米ペルーの大統領選決選投票が6日朝(日本時間同日夜)始まった。最新の支持率調査ではアルベルト・フジモリ元大統領(82)の長女で中道右派ケイコ・フジモリ氏(46)が急進左派ペドロ・カスティジョ氏(51)をわずかにリードするがほぼ拮抗、大接戦が見込まれる。フジモリ氏が当選すれば、ペルー初の女性および父娘2代の日系の大統領誕生となる。

世論調査会社イプソス・ペルーの模擬投票によると、フジモリ氏の得票率は50・4%、カスティジョ氏は49・6%。CPI社の模擬投票ではフジモリ氏50・1%、カスティジョ氏49・9%。IEP社の世論調査では40・9%がフジモリ氏に、40・8%がカスティジョ氏に投票すると回答した。

即日開票され6日深夜以降に大勢判明の見通しだが、接戦となれば時間がかかる可能性もある。有権者は約2530万人。新大統領の任期は5年で7月28日に就任する。(共同)