第92期ヒューリック杯棋聖戦

「想像を絶する午前中」 立会人の島九段

渡辺明三冠との対局に臨む藤井聡太棋聖=6日午前8時56分、千葉県木更津市の龍宮城スパホテル三日月
渡辺明三冠との対局に臨む藤井聡太棋聖=6日午前8時56分、千葉県木更津市の龍宮城スパホテル三日月

千葉県木更津市の龍宮城スパホテル三日月で6日始まった第92期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負(産経新聞社主催、ヒューリック特別協賛)の第1局は、午前中から激しい展開となった。

先手となった渡辺明三冠(37)=名人・棋王・王将=が飛車先の歩を突き、藤井聡太棋聖(18)=王位=もこれに応じ、相掛かりとなった。局面は、2月に行われた第14回朝日杯将棋オープン戦準決勝、渡辺三冠-藤井棋聖戦と同一手順で進んだ。両者とも研究の範囲内とばかりに指し手が早く、駒の交換が続くなど激しさを増している。

立会人の島朗九段は「序盤から桂香が交換され、激しい展開に進んでいる。第1局からお互いに『降りられない』という状況」と話す。その一方で、「動きが多くて楽しい」とも評した。

「棋聖戦史上、類を見ない、想像を絶する午前中」(島九段)となった対局は56手まで進み、渡辺三冠の手番で、正午からの昼食休憩に入った。

持ち時間各4時間で、午前中の消費時間は渡辺三冠42分、藤井棋聖1時間42分。午後1時に対局は再開し、同日夜には終局する見通し。

将棋 棋譜再現(Windows版のみ)

■棋聖戦記念の扇子販売 藤井棋聖・渡辺名人の揮毫入り

■藤井棋聖・渡辺名人の直筆サイン入り オリジナルポスターをプレゼント