中国・安徽省の歩行者天国で無差別殺傷 5人死亡15人けが - 産経ニュース

メインコンテンツ

中国・安徽省の歩行者天国で無差別殺傷 5人死亡15人けが

【嘉興(中国浙江省)=三塚聖平】中国メディアは6日、中国東部の安徽省安慶市の歩行者天国で5日夕方に男が刃物で次々と人を切りつけ、5人が死亡、15人が負傷する事件が起きたと伝えた。男は、警察により現場で取り押さえられた。無差別に人を襲ったとみられるが、警察が犯行動機などを調べている。

中国公安省は、事件を「高度に重視」していると表明し、地元当局に徹底した捜査を求めている。7月に中国共産党創立100年という重要な政治イベントを控え、公安当局は各地の治安維持に神経をとがらせているとみられる。

中国メディアによると、事件が起きた歩行者天国は多くの飲食店や衣料品店が集まり、地元では最もにぎわっている商業地域として知られている。安慶市内では、けがをした人を助けるため献血所に多くの市民が集まったという。