【第92期ヒューリック杯棋聖戦】続く中盤戦 島九段「もうじき終盤に突入する」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

第92期ヒューリック杯棋聖戦

続く中盤戦 島九段「もうじき終盤に突入する」

【第92期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負第1局】対局中、マスクを外した藤井聡太棋聖(右)と渡辺明三冠=6日午後2時31分、千葉県木更津市の龍宮城スパホテル三日月
【第92期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負第1局】対局中、マスクを外した藤井聡太棋聖(右)と渡辺明三冠=6日午後2時31分、千葉県木更津市の龍宮城スパホテル三日月

千葉県木更津市の龍宮城スパホテル三日月で6日始まった第92期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負(産経新聞社主催、ヒューリック特別協賛)の第1局は午後1時、対局が再開された。

手番の先手、渡辺明三冠(37)=名人・棋王・王将=は飛車取りに香車を打った。ここで、藤井聡太棋聖(18)=王位=が長考。39分の考慮で、飛車取りを受けず、さらには銀も取らずに角道を開けた。

銀と香の両取りの手で、立会人の島朗九段は「角道を優先した手です」。しかし、渡辺三冠が両取りを防ぐため、歩で角道を遮断するなどじりじりとした中盤戦が続いている。

島九段が「ここからはしばらく長考が続くでしょう。ただ、もうじき終盤に突入する」と指摘する盤上は終局に向けて、激しい激戦が続いている。

持ち時間は各4時間。60手まで進み、残り時間は渡辺三冠3時間、藤井棋聖1時間32分。同日夜には終局する見通し。

将棋 棋譜再現(Windows版のみ)