長野・須坂市動物園 飼育員日誌

モルモットの「ちくわ」 今年度の〝園の顔〟 癒やしお届け

モルモットの「ちくわ」=長野市の須坂市動物園
モルモットの「ちくわ」=長野市の須坂市動物園

須坂市動物園では毎年度、園の顔となる動物を決める代表動物選挙を行っています。今回11の動物が出馬し、令和3年度の代表動物に当選を果たしたのはモルモットの「ちくわ」(雌)です。任期は来年3月末まで。

ちくわは平成30年3月10日生まれの3歳。明るい茶色の毛に、うっすら白いおでこの毛がトレードマークで、性格はとてもおとなしく控えめ。なんとも言えない愛らしい表情が人気を呼び、初出馬ながら2位と150票以上の差をつけて大勝しました。

党名は「もるもっ党」。公約は「癒やしをもっと届けたい」ということで、任期の1年間に皆さんに沢山の癒やしをお届けできるような工夫をしていきたいです。代表動物となったちくわは動物園入園券だけでなく、年間パスポートの表紙も飾ります。当園のお得な年間パスポート、この機会にいかがでしょうか?

さて、小さな体に任された大きな仕事、ちくわをサポートできるように担当飼育員も頑張ります。(飼育ふれあい係 谷川冴香)