「腐敗との闘い」に決意、ナワリヌイ氏、獄中誕生日

2019年9月、政権批判の集会で演説するナワリヌイ氏=モスクワ(ロイター=共同)
2019年9月、政権批判の集会で演説するナワリヌイ氏=モスクワ(ロイター=共同)

刑務所に収監されているロシア反体制派ナワリヌイ氏は4日、45歳の誕生日を迎え、インスタグラムにメッセージを投稿した。「腐敗との闘い」を続ける信念は「1ミリも動かない」として活動を続ける決意を強調。家族写真も公開し、支持者に謝意を伝えた。

ナワリヌイ氏は昨年8月に毒殺未遂に遭い生死をさまよったことや当局による逮捕を挙げ「1年の間に奇妙な出来事がたくさん起きた」と振り返った。それでも全ての人を理解し、愛するように努めたと明かした。

ナワリヌイ氏は今年1月に療養先のドイツから帰国した後、逮捕、収監された。ロシア当局は同氏が率いる組織を「過激派」に認定するよう求めており、陣営は支持者らの刑事訴追を避けるために組織を解散した。(共同)