「米はワクチンの貯蔵庫」 バイデン政権、台湾などに提供

1日、米南部オクラホマ州タルサで演説するバイデン大統領(AP)
1日、米南部オクラホマ州タルサで演説するバイデン大統領(AP)

【ワシントン=住井亨介】米ホワイトハウスは3日、新型コロナウイルスのワクチンを他国・地域に提供する最初の取り組みとして、2500万回分を台湾を含むアジアや中南米、アフリカなどに供給すると発表した。ワクチン提供を通じて提供先国への影響力拡大を図る中国やロシアの「ワクチン外交」に対抗する狙いがあるとされる。

このうち約1900万回分は、途上国のワクチン不足解消に向けワクチンを共同購入して分配する国際的枠組み「COVAX(コバックス)」を通じて配布。内訳は台湾を含むアジアへ約700万回分、中南米へ約600万回分、アフリカへ約500万回分。

残る約600万回分は、カナダ、メキシコ、パレスチナ自治区ガザのほか、米軍が駐留する韓国などに直接提供する。

バイデン米政権は6月末までに計8000万回分のワクチンを海外に提供する方針を示している。バイデン大統領は3日の声明で「パンデミック(世界的大流行)を終わらせるには米国の強い指導力が不可欠だ」とし、「米国はワクチンの世界の貯蔵庫となる」と強調した。

会員限定記事会員サービス詳細