中国、日本を牽制「政治パフォーマンス」 台湾にワクチン - 産経ニュース

メインコンテンツ

中国、日本を牽制「政治パフォーマンス」 台湾にワクチン

記者会見する中国外務省の汪文斌副報道局長(共同)
記者会見する中国外務省の汪文斌副報道局長(共同)

【北京=三塚聖平】中国外務省の汪文斌(おう・ぶんひん)報道官は4日の記者会見で、日本が新型コロナウイルスワクチンを台湾に援助したことを受け、「政治パフォーマンスに固執するな」と日本を牽制した。

汪氏は「中国は、コロナ対策の協力を一貫して支持している」と強調。台湾の蔡英文政権に対しては「自らの政治利益のため、コロナ対策の協力を政治的にもてあそんでいる」と非難した。

一方、中国で対台湾政策を主管する国務院(政府)台湾事務弁公室の馬暁光(ば・ぎょうこう)報道官は4日、蔡政権に対し、「さまざまな言い訳をでっちあげ、(中国)大陸のワクチン輸送をみだりに阻止した」と反発する談話を表明した。

中国政府は、感染が急拡大した台湾に中国製ワクチンの提供を申し出ていたが、ワクチン確保に苦しむ蔡政権への揺さぶりという思惑が指摘されていた。

中国メディアによると、馬氏は「現在、安全で効き目が顕著で、数量も十分な大陸ワクチンを受け入れることにより、効果的にウイルスを食い止めることができる」と主張した。