カメラマン日記

パンダ撮影したかった… 上野動物園が再開

5カ月ぶりに再開した上野動物園に並ぶ人たち =4日午前、東京都台東区(萩原悠久人撮影)
5カ月ぶりに再開した上野動物園に並ぶ人たち =4日午前、東京都台東区(萩原悠久人撮影)

新型コロナウイルスの影響で休園が続いていた東京・上野動物園が4日、約5カ月ぶりに再開。雨の中、取材に行ってきました。

コロナ感染対策のため取材は事前登録制。スチールカメラは1社につき1人と最小限の人数です。取材案内には「感染症対策が不十分と判断される場合は撮影をお断りする場合があります」との注意事項も。在京の新聞、テレビ局、週刊誌など約50人が取材に集まりました。取材エリアは2カ所限定です。

開園前、正門前には約180人の親子連れらが傘をさして列を作っていました。中国への返還期限が5月31日から12月31日に延期されたジャイアントパンダの子どもシャンシャン(雌、3歳)は、残念ながら撮影できません。

ぶら下がり取材に応じた動物園職員が、シャンシャンのお母さんのシンシン(雌、15歳)が妊娠の兆候があると〝おめでた発表〟。集まった報道陣からは、パンダの質問に集中する一幕もありました。

パンダは実際に妊娠していなくても同様の様子を見せる偽妊娠の可能性もあるとのことですが、2017年6月に生まれたシャンシャンに続く子どもの誕生に期待が高まりそうです。

上野動物園は感染対策で事前予約制を取り、1日当たりの来園者数は平常のピーク時と比較して10分の1程度の2千人に限定しています。

開園前に上野動物園に並ぶ人たち。5カ月ぶりに再開した =4日午前、東京都台東区(萩原悠久人撮影)
開園前に上野動物園に並ぶ人たち。5カ月ぶりに再開した =4日午前、東京都台東区(萩原悠久人撮影)
開園前に上野動物園に並ぶ人。5カ月ぶりに再開した =4日午前、東京都台東区(萩原悠久人撮影)
開園前に上野動物園に並ぶ人。5カ月ぶりに再開した =4日午前、東京都台東区(萩原悠久人撮影)
5カ月ぶりに再開した上野動物園。パンダ舎は待ち時間ができていた =4日午前、東京都台東区(萩原悠久人撮影)
5カ月ぶりに再開した上野動物園。パンダ舎は待ち時間ができていた =4日午前、東京都台東区(萩原悠久人撮影)
交尾のため、ジャイアントパンダの雌シンシン(下)へ近づく雄リーリー=3月、東京・上野動物園(東京動物園協会提供)
交尾のため、ジャイアントパンダの雌シンシン(下)へ近づく雄リーリー=3月、東京・上野動物園(東京動物園協会提供)
ジャイアントパンダの子ども、シャンシャン=1日、東京・上野動物園(東京動物園協会提供)
ジャイアントパンダの子ども、シャンシャン=1日、東京・上野動物園(東京動物園協会提供)
ジャイアントパンダの子ども、シャンシャン=1日、東京・上野動物園(東京動物園協会提供)
ジャイアントパンダの子ども、シャンシャン=1日、東京・上野動物園(東京動物園協会提供)