浪速風

五輪開催「是非に及ばず」

東京五輪開幕までの日数表示が「50」となったカウントダウン時計=2日夜、東京・六本木
東京五輪開幕までの日数表示が「50」となったカウントダウン時計=2日夜、東京・六本木

前回のNHK大河ドラマの主人公、明智光秀に織田信長が討たれた「本能寺の変」が起きたのは、天正10(1582)年6月2日早朝のことだった。謀反を知った信長は「是非に及ばず」との名文句を発したとされる。「仕方がない」との意味で解釈されることが多いが、「あれこれ迷っている場合ではない」と部下を叱咤(しった)した言葉との説もある

▶東京五輪開幕まで3日であと50日となった。日本選手団へのワクチン接種が始まり、ソフトボールのオーストラリア代表チームが事前合宿のために来日した。10都道府県で緊急事態宣言は続いているが、大会に向けた取り組みは着々と進んでいる

▶もはや、感情的に開催の是非を論じる時期は終わりにすべきではないか。「仕方がない」と諦めるのも間違っている。どうやったら感染拡大を抑え、安心、安全な大会にできるか。医療体制に悪影響を及ぼさずに済むか。少しでも良い大会となるよう、みんなで知恵を出し合いたい。