富士フに不正アクセスか 情報流出含め調査中

富士フイルムは2日、利用しているサーバーに不正なアクセスがあった疑いがあり、情報流出の有無を含め調査していると発表した。被害の拡大防止などのため外部との通信遮断や、パソコン停止に踏み切り、電話やメールでの顧客への対応ができなくなっているという。復旧の時期は未定。

1日深夜に、コンピューターウイルスの「ランサムウエア」による攻撃があった可能性を認識した。通信の遮断措置などに伴い、子会社の業務にも影響が出ている。

会員限定記事会員サービス詳細