台湾野球、アマ派遣も辞退 東京五輪予選 - 産経ニュース

メインコンテンツ

台湾野球、アマ派遣も辞退 東京五輪予選

中華民国棒球協会(CTBA)が東京五輪最終予選(メキシコ)へのアマチュア選手を中心とした代表チームの派遣を断念した。3日付の台湾各紙が報じた。新型コロナウイルス感染拡大により、メキシコでの安全確保が難しくなり、台湾での合同練習に使用する球場を確保できなかったためとした。

台湾プロ野球を統括する中華職棒大連盟(CPBL)は5月25日にCPBL選手の派遣断念を発表していた。

最終予選では五輪の最後の1枠を争う。当初は6月に台湾で開催予定だったが、台湾での感染拡大を受け、世界野球ソフトボール連盟(WBSC)が5月20日に開催地をメキシコに変更すると発表した。(共同)

ボトムコンテンツ

競技別の記事一覧