静岡知事選告示、現新2氏届け出 リニアなどめぐり与野党対決の構図

任期満了に伴う静岡県知事選が3日告示され、ともに無所属で、4選を目指す現職の川勝平太氏(72)と、新人で元参院議員の岩井茂樹氏(53)=自民推薦=が立候補を届け出た。川勝氏を立憲民主、国民民主の両党県連が支援し共産党県委員会も自主的支援に回っており、次期衆院選を控える中で与野党対決の構図。公明党は3日、自主投票の方針を決めた。投開票は20日。

3期12年の川勝県政への評価とともに、県が環境への影響を懸念して着工を認めていないリニア中央新幹線静岡工区工事への対応、新型コロナウイルス対策などが争点。

川勝氏は、JR静岡駅前で第一声を上げた。大井川の流量減少などへの懸念に対するJR東海の対応が不十分だとしてリニア工事着工に反対してきたことについて「命の問題は水の問題。命の水、その水源である南アルプスを守るために立ち上がった」と強調。現職として新型コロナ対策などでの実績を訴えつつ「危機を一緒に乗り越えよう。誰一人取り残さない。県民360万人が一緒に理想郷を作っていく」と呼び掛けた。

岩井氏は静岡市葵区の公園で出陣式に臨んだ。「県を覆う閉塞(へいそく)感に風穴をあけ、未来に新しい風を入れる」と県政刷新を訴え、国土交通副大臣などの経歴から「私は防災の専門家。南海トラフ巨大地震や豪雨災害から県民の命と財産を守る」と述べた。また「聞く耳を持ち、対話し、連携しながら課題をクリアしていく」とし、JRなどと対立してきた川勝氏との違いを強調した。一方で出陣式で「リニア」には言及しなかった。自民党の山口泰明選対委員長も同席した。

川勝氏は連合静岡から推薦を受け、陣営の主体は国政野党系の県議会会派に所属する県議ら。岩井氏は、同県知事選で12年ぶりとなる自民党本部の推薦を得ており、同党県連が組織的な選挙戦を展開する。

2日時点の選挙人名簿登録者数は305万7571人。