公明は自主投票 静岡知事選

任期満了に伴い3日に告示された静岡県知事選(20日投開票)をめぐり、公明党は3日の中央幹事会で、自主投票とする方針を決めた。

知事選にはともに無所属で、4選を目指す現職の川勝平太氏(72)と、新人で元参院議員の岩井茂樹氏(53)=自民推薦=が立候補を届け出た。

立憲民主、国民民主の両党県連が川勝氏を支援し、共産も同氏を自主的に支援。自民は、国土交通副大臣も辞して出馬した岩井氏に同県知事選で12年ぶりとなる党本部推薦を決め、与野党対決の構図になるなか、公明の動向が注目されていた。