土地規制法案 4日の参院審議入りを賛成多数で決定

参院議院運営委員会は3日、安全保障上重要な土地の利用を政府が調査、規制できるようにする土地利用規制法案について、4日の参院本会議で審議入りさせることを与党などの賛成多数で決めた。同委に先立つ理事会で、自民党が本会議での法案の趣旨説明と質疑を提案したが、立憲民主党と共産党が反対したため、委員会採決で諮ることとなった。

立民の吉川沙織氏は意見表明で、与党内でも法案をめぐる協議が難航したことなどを挙げ、「課題が多い議案を会期末まで2週間を切った中、審議入りを認めることは十分な審議時間の確保の観点からも問題だ」と述べた。