ジョージ・フロイドさん事件で禁錮30年求刑 検察 - 産経ニュース

メインコンテンツ

ジョージ・フロイドさん事件で禁錮30年求刑 検察

デレク・ショービン被告(ロイター=共同)
デレク・ショービン被告(ロイター=共同)

【ニューヨーク=平田雄介】米中西部ミネソタ州ミネアポリスで昨年5月、黒人男性のジョージ・フロイドさんが白人警官に首を圧迫されて死亡した事件で、検察側は2日、同州法の第2級殺人などの罪で有罪評決を受けた元警官、デレク・ショービン被告(45)に対し、禁錮30年を求刑した。弁護側は執行猶予を求めた。量刑は25日に言い渡される予定。

AP通信によると、検察側は被告の行為は「残忍で言語道断。米国の良心に衝撃を与えた」と主張した。弁護側は、被告に前科がなく、再犯の可能性も低いことなどを情状酌量の理由に挙げた。被告は連邦法でも起訴されている。