加藤官房長官、米軍ヘリ不時着「安全確保大前提、徹底強く求める」

会見に臨む加藤勝信官房長官=3日午前、首相官邸(春名中撮影)
会見に臨む加藤勝信官房長官=3日午前、首相官邸(春名中撮影)

加藤勝信官房長官は3日の記者会見で、米軍のUH1ヘリコプターが沖縄県うるま市の畑に不時着したことについて「米軍の運用に際し、安全確保は大前提だ。政府として引き続き米側に徹底を強く求めていく」と述べた。不時着の理由について、米軍から「飛行中に警告ランプが点灯したため着陸した」との説明を受けたと明らかにした。