フィリピン、ロシアの防衛協力に期待 首脳が電話会談

フィリピンのドゥテルテ大統領は2日、ロシアのプーチン大統領と電話会談し、防衛能力の近代化に向けたロシアとの協力に期待感を示した。大型輸送ヘリコプターの調達についても進展があったと言及した。フィリピン政府が発表した。

プーチン大統領は、フィリピンについて国際的な問題で近い立場を共有する東南アジアの「重要なパートナー」と強調。防衛分野を含めて協力を進める意向を示し、軍事装備品についても提供の用意があると応じた。

双方はロシアがフィリピンに提供したロシア製ワクチン「スプートニクV」についても意見交換した。ドゥテルテ氏が謝意を表明し、プーチン氏は追加供給する方針を明らかにした。(共同)