パナソニック、企業向けドキュメントスキャナーから撤退へ 令和4年に - 産経ニュース

メインコンテンツ

パナソニック、企業向けドキュメントスキャナーから撤退へ 令和4年に

オフィス機器市場の縮小を受けて撤退が決まったパナソニックのドキュメントスキャナー
オフィス機器市場の縮小を受けて撤退が決まったパナソニックのドキュメントスキャナー

パナソニックが、国内外の企業向けを中心に製造・販売していたドキュメントスキャナーなどの事業から、令和4年12月までに撤退することが2日、分かった。新型コロナウイルスの感染拡大でテレワークが普及する中、今後もオフィス機器市場の縮小が進むと見込んだ。

ドキュメントスキャナーは、書類を読み込んでPDFなどにデジタルデータ化する装置。企業や自治体などのオフィスで、文書をパソコンなどに取り込んで保存・管理したり、メールで送信したりする際に使用される。

パナソニックは平成6年から企業向けの製品を中心に国内外で製造・販売してきたが、新型コロナ禍に伴う国内外でのテレワークの拡大でオフィスへの出勤者が減り、オフィス機器の需要も縮小。インターネット回線を利用して通話するIP電話機や、主に海外で利用されている電話交換機「PBX」といったオフィス機器も同じ時期に撤退する。