1歳男児暴行で重体 容疑の同居男逮捕・香川

香川県警丸亀署は1日、同居している交際女性の1歳男児に暴行しけがをさせたとして、傷害容疑で同県丸亀市郡家町の土木作業員、細川勝彦容疑者(22)を逮捕した。男児は意識不明の重体で入院中。署によると、容疑を認めており、日常的に虐待が行われていた疑いもあるとみて調べる。

逮捕容疑は、5月29日午後8時5分ごろから10時15分ごろの間に、自宅でベビーチェアに座っている男児の顔面をつかんで引き倒し、頭部を床にたたきつけるなどの暴行を加え、急性硬膜下血腫のけがをさせたとしている。