五輪パラ期間は猛暑の恐れ 気象会社が独自予想

国立競技場の前にある五輪マーク
国立競技場の前にある五輪マーク

民間気象会社ウェザーニューズ(千葉市)は1日、独自の今夏(7~9月)の暑さ予想を発表した。気温は広範囲で平年並みかやや高くなる。暑さのピークは7月下旬と8月下旬で、東京五輪・パラリンピック期間と重なりそうだ。9月も高温傾向が続くとしている。

同社によると、東日本と近畿の気温は平年よりやや高く、他は平年並みからやや高い。7月上旬から梅雨明けする地域が多いとみられ、梅雨明けが遅かった昨年よりも暑い期間が長引きそうだ。北海道も8月上旬は厳しい暑さが見込まれる。

暑さのピークとなる7月下旬と8月下旬は太平洋高気圧と大陸からのチベット高気圧の張り出しが重なり、猛暑の恐れがある。7月が冷夏気味、8月は東日本と西日本で記録的猛暑となった昨年より、今年は7月の平均気温が高く、8月は低くなるとみられるという。