ヤングケアラーの相談窓口神戸市、全国初開設 - 産経ニュース

メインコンテンツ

ヤングケアラーの相談窓口神戸市、全国初開設

神戸市役所
神戸市役所

障害や病気がある家族の世話や家事を担う18歳未満の子供「ヤングケアラー」を支援するため、神戸市は1日、本人や関係者の相談を受け付ける窓口を同市中央区の総合福祉センターに開設した。市によると、自治体のヤングケアラーの専門相談窓口は全国初とみられる。

市によると、社会福祉士や精神保健福祉士ら3人の相談員が常駐。市内在住者が対象で、窓口に訪れた人の相談を受け付ける他、電話やメールでの相談にも対応する。

対応は平日午前9時~午後5時。電話078(361)7600。メールはcarer_shien@office.city.kobe.lg.jpまで。