ワクチン国産化へ新戦略 菅首相「危機管理上重要」

健康医療戦略推進本部で発言する菅義偉首相(手前から2人目)。手前は井上信治医療戦略担当相=1日午前、首相官邸(春名中撮影)
健康医療戦略推進本部で発言する菅義偉首相(手前から2人目)。手前は井上信治医療戦略担当相=1日午前、首相官邸(春名中撮影)

政府は1日、国産ワクチンの迅速な開発や生産に向けた国家戦略を閣議決定した。新型コロナウイルス対策でワクチン確保が遅れた反省を踏まえ、他国の事情に左右されず国内で安定供給したり、変異株に対応して迅速に開発したりする狙い。研究開発拠点の整備や薬事承認の迅速化などを進める方針を盛り込んだ。 閣議に先立ち戦略をまとめた健康・医療戦略推進本部の会合で菅義偉首相は「国産ワクチンの開発・生産や、接種できる体制の確立は、危機管理上極めて重要だ」と述べた。

戦略は、ワクチンの国産化は「国民の健康は外交や安全保障の観点からも極めて重要だ」と指摘。 必要な政策として、平時から研究開発を主導する体制の新設や、研究資金を戦略的に配分する仕組みの整備のほかに、企業が開発したワクチンの国による買い上げの検討を明記。海外の対応を参考とし、緊急事態で特別にワクチンの使用を認めるための制度の在り方も今後検討するとしている。