地方航空統合「検討見守り、対応していく」 赤羽国交相

赤羽一嘉国交相(春名中撮影)
赤羽一嘉国交相(春名中撮影)

赤羽一嘉国土交通相は1日の閣議後記者会見で、地方の中堅航空会社であるAIRDO(エア・ドゥ、札幌市)とソラシドエア(宮崎市)が経営統合を発表したことに関し「今後の両社の具体的な検討を見守りながら、必要な対応をしていきたい」と話した。

赤羽氏は、地方航空会社の財務体質が大手に比べて弱いと指摘。「新型コロナウイルス禍による移動自粛などで大変厳しい経営環境に置かれており、今回の統合は懸命な取り組みの中での一つの選択肢だ」と強調した。