ベルギー、駐韓大使解任 妻が洋服店員に平手打ち

駐韓ベルギー大使の妻が4月、ソウルの洋服店で店員の頰を平手打ちするなどの暴行を加えた事件があり、ベルギー外務省は1日までに、大使を今年夏に離任させると発表した。外交関係を考慮した事実上の解任とみられる。

同省は、在韓ベルギー大使館のフェイスブックへの投稿で「彼がこれ以上、大使の役割を円満に果たすのが難しくなった」と説明した。妻は中国出身の60代。被害者側に直接謝罪し、警察の調べに応じているという。

韓国メディアによると、妻は洋服店で何度か試着した後、何も購入せずに店を出た。店で売っている商品と同じ服を着ていたため、店員が妻を追いかけて商品を着たまま出て行ったのかどうかを確認した。店員は誤解したことを謝ったものの、妻は店員の腕を揺すったり、止めに入った別の店員の頰を平手打ちしたりした。(共同)