正論

文化の日を誇りある「明治の日」に 文芸批評家・新保祐司

日本国旗
日本国旗

≪脱却すべき「戦後レジーム」≫

憲法改正手続きに関する国民投票法改正案が、今国会で成立する見通しとなった。成立後、憲法改正が着実に進んでいくことを強く期待したい。現在の国難を克服するためには、現行憲法がその中心にある「戦後レジーム」から脱却しなければならないからである。

その脱却すべき「戦後レジーム」は、憲法のみならず社会や文化のさまざまな面に及んでいる。憲法改正と並んでそのような多くの負の遺産も清算していかなければならない。例えば国民の祝日の名称である。特に問題なのは、11月3日の「文化の日」であろう。

ランキング

  1. 【直球&曲球】野口健 「富士山噴火」への備えを急げ

  2. 【石平のChina Watch】「厳冬期」を迎える中国経済

  3. 【産経抄】12月9日

  4. 【主張】日大の再生 組織統治の欠如に猛省を

  5. 【主張】外交ボイコット 首相は旗幟を鮮明にせよ

  6. 【正論】「科学技術安保政策」へ踏み出せ 元内閣官房副長官補同志社大特別客員教授・兼原信克

  7. 【風を読む】武蔵野市長の透ける政治野心 論説副委員長・佐々木類

  8. 真珠湾攻撃80年 あの日と今日は地続きにある 論説委員長・乾正人

  9. 【主張】「不起立教員」敗訴 国旗国歌の尊重は当然だ

  10. 【主張】外国人の住民投票 武蔵野市は国益損なうな