前千代田区長を不起訴 偽証、嫌疑なし

石川雅己・前千代田区長
石川雅己・前千代田区長

東京都千代田区の石川雅己(まさみ)前区長がマンション購入をめぐって事業者から優遇措置を受けたとされた問題で、東京地検特捜部は31日、地方自治法100条に基づく区議会の委員会(百条委員会)で偽証したなどとして区議会から同法違反罪で告発されていた石川氏と妻について「嫌疑なし」などの不起訴処分とした。

特捜部は、石川氏の証言には噓がなかったと認定。百条委での証言拒絶についても、嫌疑不十分とした。

区議会は、石川氏が昨年6月の証人尋問で虚偽の証言をしたなどとして告発。同11月にはマンションの売買契約で販売元から便宜を受けたとする報告書をまとめていた。

石川氏は平成13年に初当選し、5期務めた。