世界の論点

米韓首脳会談

首脳会談後、共同記者会見するバイデン米大統領(右)と韓国の文在寅大統領 (ロイター)
首脳会談後、共同記者会見するバイデン米大統領(右)と韓国の文在寅大統領 (ロイター)

バイデン米大統領と韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は21日、ホワイトハウスで初めて直接会談し、北朝鮮情勢をめぐり「深く懸念」するとの認識を共有した。米国の識者からは、文氏の政治的思惑が先行する現状において、韓国主導での北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)体制との対話再開を明確に拒否したことを重視する意見が出ている。一方、韓国の保守系紙は、米中覇権競争の激化の中で米韓同盟の結束を確認したことを高く評価した。

■米国 対北「対話再開」を封じる

ランキング

  1. 【主張】中国の北朝鮮擁護 暴走の利用は許されない

  2. 【産経抄】1月20日

  3. 【正論】「愛子天皇」待望論は国を滅ぼす エッセイスト動物行動学研究家・竹内久美子

  4. 【主張】蔓延防止措置拡大 社会経済活動の維持図れ

  5. 【正論】首相は「精神のインフラ」外交急げ 日本大学教授・先崎彰容

  6. 【一筆多論】認知症薬、期待と現実と 佐藤好美

  7. 【浪速風】小説顔負けのスパイ疑惑

  8. 【朝晴れエッセー】使われなかった鞄・1月20日

  9. 【産経抄】1月19日

  10. 【風を読む】廃校を狙う中国エリート校 論説副委員長・佐々木類