仏当局、ゴーン被告聴取 レバノンでルノー資金巡り

レバノンの首都ベイルート近郊でAP通信のインタビューに応じるゴーン被告(AP)
レバノンの首都ベイルート近郊でAP通信のインタビューに応じるゴーン被告(AP)

フランス捜査当局は31日、自動車大手ルノーの会社資金を不正使用した疑惑をめぐり、前会長カルロス・ゴーン被告(67)の事情聴取を逃亡先のレバノン首都ベイルートで始めた。同疑惑でフランス当局による被告の聴取は初めて。同国メディアが伝えた。

事情聴取は捜査を担当する予審判事が実施。必要に応じて、数日間聴取を続ける見通し。

フランス当局は昨年2月、本格捜査を開始。ルノーから中東オマーンの販売代理店「SBA」への不審な支払いや、ルノーと日産自動車の企業連合統括会社が被告の個人的利益のために行った疑いのある多額の支出に関し、会社資産乱用や背任などの疑いが持たれている。まだ容疑者は特定していない。(共同)