インド医師1200人死亡 コロナ感染、ワクチン急務 - 産経ニュース

メインコンテンツ

インド医師1200人死亡 コロナ感染、ワクチン急務

インド西部ムンバイ近郊で新型コロナウイルス患者の薬を確認する医師=24日(ロイター)
インド西部ムンバイ近郊で新型コロナウイルス患者の薬を確認する医師=24日(ロイター)

新型コロナウイルス感染の急拡大が続くインドで、医師約1200人が感染によって死亡したことが分かった。医師会が30日までに明らかにした。今月16日だけで医師50人が死亡しており、早期のワクチン接種などモディ政権に対応を求める声が強まっている。

インドでは5月中旬までに医師の6割以上がワクチンを接種したが、死亡した医師らはほとんどが接種していなかったという。医師会関係者は地元メディアに「ワクチンが重症化を防ぐことは立証されている。できるだけ早く全員に接種すべきだ」と訴えた。

インドで最初に感染が確認されたのは昨年1月末。同9月に1日当たりの感染者が10万人弱となり、第1波のピークを迎えた。昨年に新型コロナに感染して死亡した医師は約750人だった。(共同)