コロナワクチン、70代女性に二重接種の疑い 神戸市

神戸市役所=神戸市中央区
神戸市役所=神戸市中央区

神戸市は30日、新型コロナウイルスワクチンの集団接種会場で、70代の女性1人に誤って同じ日に2回接種した疑いがあると発表した。今のところ、女性に健康被害はないとしている。

市によると女性は29日、同市灘区の会場で接種を受けたが、担当した医師がワクチンの入っていない注射器を使ったと思い、続けて再度接種を行った。その後、薬剤師が使用済み注射器を確認したところ、すべてでワクチンが充塡(じゅうてん)されていた形跡があったという。

「1回目の注射器にワクチンが入っていなかった」というのは医師の勘違いの可能性が高いとみられるが、1回目に使った注射器と、他の注射器はすでに混在し見分けがつかないため、実際のワクチンの有無は調査不能としている。

同市健康局の花田裕之局長は30日、会見を開き、「市民に心配、迷惑をおかけし申し訳ない」と謝罪した。

会員限定記事会員サービス詳細