根本元厚労相、ワクチン接種促進へ加藤長官に提言

自民党の根本匠氏(斎藤良雄撮影)
自民党の根本匠氏(斎藤良雄撮影)

自民党の根本匠元厚生労働相は28日、首相官邸で加藤勝信官房長官と面会し、新型コロナウイルスワクチンの接種促進に向けた提言書を手渡した。東京や大阪などの大都市圏と小規模の市町村では接種の課題が異なっていることを踏まえ、地域事情に応じた医療態勢を構築する必要性を強調。地元・福島県郡山市での接種態勢を「郡山モデル」としてまとめた。

根本氏は面会後、記者団に「(ワクチン接種は)いろんな創意工夫が必要だ。好事例を集め、横展開することが大事だ」と述べた。加藤氏は面会で「うまくいっている自治体と課題がある自治体がある。『郡山モデル』のような取り組みは非常に大事だ」などと語った。

郡山市は65歳以上の7月末までの接種完了を目指しており、1日4千人を接種できる態勢を確保しているという。

会員限定記事会員サービス詳細