中国がワクチンの副反応データ公表 12月から3万1000件

中国医薬集団(シノファーム)製の新型コロナウイルスワクチン(ロイター=共同)
中国医薬集団(シノファーム)製の新型コロナウイルスワクチン(ロイター=共同)

【井岡山(中国江西省)=三塚聖平】中国疾病予防コントロールセンターは29日までに、新型コロナウイルスワクチンの接種後の副反応が約3万1000件報告されたと公表した。中国当局が副反応のデータを公表するのは初めてとみられる。

中国製ワクチンは、臨床試験(治験)の最終データを開示していないといった不透明さから、欧米などで安全性が疑問視されてきた。中国当局はデータの公表により、国内外で安全性を主張する考えだ。

中国国営中央テレビによると、昨年12月15日から今年4月30日までに中国本土で接種を行った2億6500万回のうち、副反応が報告されたのは3万1434件だった。10万回あたり11・86件に相当するという。

副反応のうち、発熱や腫れといった「一般的な反応」としたものが2万6078件だった。「異常反応」としたものが5356件で、重い病例は188件だったという。異常反応の中では、アレルギー性発疹が最も多い3920件で、急性の重いアレルギー反応は75件だった。

一方、中国国有製薬大手の中国医薬集団(シノファーム)も29日までに、傘下企業が開発した2種類のワクチンの治験結果を米医学誌で公表したことを明らかにした。有効性はそれぞれ72・8%と78・1%だったとしている。

中国では、ワクチンの接種回数が今月23日までに5億回を突破している。中国政府は国内での接種を加速させるとともに、海外への輸出や無償提供を進める方針を示している。

会員限定記事会員サービス詳細