揺さぶり死、2審も無罪 生後1カ月女児の父親

東京高裁が入る建物(今野顕撮影)
東京高裁が入る建物(今野顕撮影)

生後1カ月の長女を揺さぶり、頭部に大けがを負わせて死なせたとして、傷害致死罪に問われた父親の中馬隼人被告(44)の控訴審判決で、東京高裁(藤井敏明裁判長)は28日、無罪とした1審東京地裁立川支部の裁判員裁判判決を支持し、検察側の控訴を棄却した。

被告は平成29年1月、東京都町田市の自宅で、長女、ひかりちゃんの頭を揺さぶるなど暴行し、同3月に傷害に起因する肺炎で死亡させたとして起訴された。

昨年2月の1審判決は、傷害の発生時期や原因は医学的にも確定できないとし「揺さぶりによって傷害を負ったと認めるには合理的な疑いが残る」と指摘。懲役8年の求刑に対して無罪を言い渡した。

会員限定記事会員サービス詳細