卒業生約270人分の受験先などHPに誤掲載 宮城広瀬高校

宮城県教育委員会は28日、県立宮城広瀬高校(仙台市青葉区)が令和2年度に3年生だった272人分の受験した大学名など進路先の個人情報を、同校のホームページに誤って掲載したと発表した。被害の報告はないという。

発表によると、同校の卒業生の個人情報が掲載されたのは、今月20日午後2時半頃から28日午前8時45分頃まで。外部から指摘があり、掲載を停止した。

進路決定状況については本来、PDFファイルで集計結果の一覧表だけを掲載すべきところ、担当の教員がPDFに変換せず、誤って個人情報を含むエクセルファイルのまま掲載した。掲載は担当の教員が単独で作業を行い、他の教員による確認を行わなかったという。