日本のワクチン支援検討に「歓迎と感謝」 台湾の外交部

アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンの瓶=14日(ロイター)
アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンの瓶=14日(ロイター)

【台北=矢板明夫】茂木敏充外相が28日、英製薬大手アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチンの台湾への提供を検討していると表明したことを受け、台湾の外交部(外務省に相当)の欧江安報道官は同日、「台湾がワクチン不足に直面する中、日本が真剣に台湾への支援方法を考えていることに対し、私たちは歓迎し感謝する」とのコメントを発表した。

欧報道官は「台湾は日本と自由と民主主義などの価値観を共有している」とした上で、「これからは各分野で日本との交流、協力関係を一層深め、台日友好をさらに発展させたい」と強調した。