6人部屋に17人閉じ込め 元収容者の外国人ら提訴

大阪地裁
大阪地裁

大阪出入国在留管理局(大阪市住之江区)の施設で平成30年、最大6人用の約20平方メートルの居室に収容者の男性17人が24時間以上、不当に閉じ込められ苦痛を受けたとして、うち4人が計約300万円の損害賠償を国に求めて大阪地裁に提訴したことが28日、関係者への取材で分かった。

提訴したのは、昨年5月までに仮放免されたナイジェリア、パキスタン、ペルー国籍の4人。訴状によると、17人は30年6月17日午前、2段ベッド3台を備えた居室で施設の医療体制の改善について議論していた際、帰室命令を拒んだとして施錠された。翌朝には大阪府北部地震が起きたが、解放されたのは正午過ぎ。この間、空調は使えず、飲料水も与えられなかった。

一連の対応は違法な公権力の行使に当たると主張。大阪入管は「訴状が届いておらず、コメントできない」としている。

会員限定記事会員サービス詳細