「感染拡大の台湾にワクチンを」 自民PTが提言案を大筋了承 - 産経ニュース

メインコンテンツ

「感染拡大の台湾にワクチンを」 自民PTが提言案を大筋了承

自由民主党本部=東京都千代田区永田町
自由民主党本部=東京都千代田区永田町

自民党の外交部会などは28日午前、党本部で会合を開き、台湾政策を検討するプロジェクトチーム(PT)がまとめた政府への提言案を大筋で了承した。新型コロナウイルスの感染が拡大する台湾に対し、日本が確保した英製薬大手アストラゼネカ製のワクチンの一部を早期に供給することを求めた。

提言には日台の半導体関連産業が連携する必要性、世界保健機関(WHO)や国連気候変動枠組み条約締約国会議(COP)への台湾参加の後押し、防災や海難救助での協力の強化も盛り込んだ。

佐藤正久外交部会長は記者団に、台湾政府から昨年、新型コロナ対応で200万枚のマスクが日本に贈られたことを挙げ、「相互支援の観点からワクチンの供与をできるだけ早く実現したい」と語った。提言は来週にも党内手続きを終え、政府に提出する。