三重・明和町の魅力発信アニメ 産経新聞CFで支援募集 - 産経ニュース

メインコンテンツ

三重・明和町の魅力発信アニメ 産経新聞CFで支援募集

総務省「地域おこし企業人交流プログラム」で三重県明和町と連携する産経新聞社は、運営するクラウドファンディングサイト「White Canvas」で、同町の観光地域づくり法人(DMO)「一般社団法人 明和観光商社」が起案したプロジェクト「みんなで作ろう! 明和のアニメプロジェクト!!」(https://sankei.en-jine.com/projects/saio)の支援者を募集している。

明和町は、伊勢神宮の天照大神に仕える斎王の御所「斎宮」などがある歴史と文化の町。同法人では、町の知名度向上と地域活性化のため、オリジナルアニメーション「斎王のみち」を制作するアニメプロジェクトを発足し、まずは作品や町の魅力を伝えるため、同プロジェクトのプロモーションビデオ(PV、約3~5分)を制作する。PVには作品の世界観やキャラクターや物語の一部を紹介し、町のPRも盛り込む予定だ。

「White Canvas」では、そのPV製作費の支援金を募る。支援金額は3000円、5000円、1万円の3コース(全て税込み)を用意した。3000円コースは、PVおよび特設HPへの名前掲載、グッズ(クリアファイル、缶バッジ)、小冊子がリターンとなる。募集期間は6月30日まで。

プロジェクトの詳細は、公式サイト(https://sankei.en-jine.com/projects/saio)で。