【末續慎吾の哲学】感情をつなぐこと - 産経ニュース

メインコンテンツ

末續慎吾の哲学

感情をつなぐこと

東京五輪のメイン会場となる新国立競技場(奥)と五輪マーク=東京都新宿区(三尾郁恵撮影)
東京五輪のメイン会場となる新国立競技場(奥)と五輪マーク=東京都新宿区(三尾郁恵撮影)

どのアンケート結果を見ても東京五輪の中止を求める声は多い。皆、自分たちの生活を守るために「開催反対」を訴える権利がある。大会組織委や日本政府や東京都、そしてアスリートは、国民から提示された「そこまでして開催する意味があるのか?」という疑問を、どう受け止めて返すかが問われている。

組織委などが「開催都市の責任として、何とか開催を」と考えているのなら、どう安心安全に開催できるのかを説明しないといけない。この点が決定的に欠けている。国民の感情や疑問がかわされ、気持ちの行き場がないから、矛先が向かうべきでないアスリートにまで向いてしまっている。

僕個人としては開催の可否よりも、大会までの過程こそ重要だと捉えている。アスリートという職業の素晴らしさは、大会までの積み重ねを知ってもらい、競技している姿を見てもらい、その結果、感動してもらえることだ。このまま五輪を開催して、果たして感動してもらえるだろうか。「五輪=悪」となってしまうなら開催すべきでない。前提が成り立たない。

今はアスリートの生々しい声が求められている。自分たちのいたたまれない現状に対して心情を率直に話してほしい。ただそれだけでいい。テレビのコメンテーターなど第三者に代弁してもらうだけではなく、自らの声で皆と共有してほしい。選手の正直な気持ちは選手にしか語れない。

もしこのまま国民感情と五輪推進派の意思疎通が図れず、お互い一方通行のまま開催が決まってしまったらオリンピックスポーツに対して遺恨すら残ってしまうだろう。望まれざる〝負の遺産〟を払拭するため、次世代のアスリートはより一層、スポーツの価値や意義を訴えていかなければならない。

「僕は若い頃、そういったことができたか?」と自分自身を省みることもある。でも、当時の五輪や代表選手と今とでは規模や状況が全く異なる。令和のアスリートは競技哲学を持ち、それを伝えていかなければ、今後、社会に認められないのではないか。

彼ら彼女らの心の叫びが響くことで、東京五輪を前にアスリートの本当の思いと社会とがつながってくれることを祈っている。もしそれができたなら日本のスポーツは決して死ぬことはない。

(陸上世界選手権200メートル、北京五輪400メートルリレーメダリスト)