佐々木朗、初の聖地でプロ初勝利 5回7安打4失点の粘投

【阪神-ロッテ】5回7安打4失点の投球で、プロ初勝利を挙げたロッテの佐々木朗=5月27日、甲子園(松永渉平撮影)
【阪神-ロッテ】5回7安打4失点の投球で、プロ初勝利を挙げたロッテの佐々木朗=5月27日、甲子園(松永渉平撮影)

高校時代は縁のなかった聖地、甲子園での初投球は、随所に潜在能力の高さを示しながらも会心の内容とはいかなかった。プロ入り2年目での初登板から中10日。27日、2度目の先発に臨んだロッテの佐々木朗は、5回を投げて7安打4失点。だが、六回に味方打線が逆転して阪神に6-4で勝ち、待望のプロ初勝利を挙げた。

甲子園での初マウンドに「五回までしっかり投げ切りたい」と気合を入れて臨んだ。セットポジションから投じる直球の球速は常時150キロをオーバー。一回はスライダーでマルテから空振り三振を奪うなど三者凡退で好発進した。

だが1点リードの二回、阪神打線の徹底して逆方向を狙う打撃に捕まった。先頭から3連打となる佐藤輝の左前適時打で同点とされると、2死一、二塁からは投手のアルカンタラに右前へ適時打を打たれ、逆転を許した。

その後も三、五回にいずれもサンズに右越えの適時打を浴びてリードを広げられた。5回4失点だった前回登板から「一番の課題は変化球の精度。もっと効果的な配球で投げられたら」と修正を誓って臨んだが、相手の内角を厳しく突けず、今一つの内容で五回で憧れのマウンドを降りた。(上阪正人)

会員限定記事会員サービス詳細