【長野放送・アナウンサーコラム】松山航大「NGT48信州出身メンバーに学ぶ」 - 産経ニュース

メインコンテンツ

長野放送・アナウンサーコラム

松山航大「NGT48信州出身メンバーに学ぶ」

松山航大アナウンサー
松山航大アナウンサー

新潟県を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」。ここには、3人の信州出身メンバーが在籍しています。それぞれ得意分野を生かして活躍する一方で、地元愛を感じる場面も多く、仕事でご一緒するとほっこりした気持ちになります。

長野市出身の西村菜那子さんは「駅伝に詳しすぎるアイドル」として、年末の「富士山女子駅伝」の中継で副音声を担当。伊那谷で繰り広げられる「春の高校伊那駅伝」の情報も、全国のファンに向けて積極的に発信してくれました。

御代田町出身の安藤千伽奈さんは、去年から「御代田町ふるさと大使」に就任。地元のお店や風景の写真をSNSにアップ。魅力を届けるべく活動中です。

上田市出身の曽我部優芽さんも、他の2人とともに、今年開園60周年を迎える長野市城山動物園の親善大使に就任。今後は、上田市でも地域に貢献できる仕事がしたいと話します。

地元を愛することで、地元からも愛される存在に。3人の姿を見て、地方局のアナウンサーとして大切なことを学んだ気がします。