カメラマン日記

ロッテ・佐々木朗希投手がプロ初勝利「甲子園の雰囲気を感じながら一生懸命、投げたいと」

阪神戦に先発したロッテ・佐々木朗希=甲子園球場(撮影・松永渉平)
阪神戦に先発したロッテ・佐々木朗希=甲子園球場(撮影・松永渉平)

(セ・パ交流戦、阪神4―6ロッテ 27日、甲子園)

ロッテの佐々木朗希投手(19)が27日、甲子園球場(兵庫県西宮市)で行われた阪神との交流戦に先発、プロ2年目で初勝利を挙げました。

プロ2度目の登板で5回を94球、7安打4失点(自責点3)5奪三振。2-4の5回でマウンドを降りましたが六回に味方が逆転、勝利投手の権利を得ました。チームは阪神に6-4で勝ち、待望のプロ初勝利となりました。

岩手・大船渡高時代にあと一歩、届かなかった聖地。佐々木投手は「初めての甲子園だったので、甲子園の雰囲気を感じながら一生懸命、投げたいと思った。内容はまだまだ反省点が多い。次に修正できたら」とコメントしました。

ロッテ先発の佐々木朗希。打者は阪神・佐藤輝明=甲子園球場(撮影・松永渉平)
ロッテ先発の佐々木朗希。打者は阪神・佐藤輝明=甲子園球場(撮影・松永渉平)
ロッテ先発の佐々木朗希=甲子園球場(撮影・松永渉平)
ロッテ先発の佐々木朗希=甲子園球場(撮影・松永渉平)
益田直也(左)からウイニングボールをも受けとるロッテ・佐々木朗希=甲子園球場(撮影・松永渉平)
益田直也(左)からウイニングボールをも受けとるロッテ・佐々木朗希=甲子園球場(撮影・松永渉平)



会員限定記事会員サービス詳細