パイロットやCAもワクチン優先接種 首相前向き

菅義偉首相=26日午後、首相官邸(春名中撮影)
菅義偉首相=26日午後、首相官邸(春名中撮影)

菅義偉首相は27日、赤羽一嘉国土交通相と官邸で面会し、国際線のパイロットや客室乗務員について、新型コロナウイルスワクチンの優先接種対象に加えることに前向きな姿勢を示した。赤羽氏が要望したのに対し、首相は「おっしゃる通りだから前向きに(進めてほしい)」と述べたという。面会後、赤羽氏が記者団に明らかにした。

赤羽氏が水際対策の一環として、国際線乗務員に対する優先接種を要望した。首相は「すごい大事だ」とも語ったという。

赤羽氏はまた、新型コロナの影響で経営難に苦しむペンションや旅館などの小規模宿泊施設に対する支援や、地域の老人会のバス旅行などを主な顧客としている小規模旅行代理店に対する支援策について首相に報告したという。