「IOC帝国」の植民地扱い 志位氏が批判 - 産経ニュース

メインコンテンツ

「IOC帝国」の植民地扱い 志位氏が批判

記者会見する共産党の志位和夫委員長=27日午後、国会(原川貴郎撮影)
記者会見する共産党の志位和夫委員長=27日午後、国会(原川貴郎撮影)

共産党の志位和夫委員長は27日の記者会見で、国際オリンピック委員会(IOC)の委員が東京五輪・パラリンピックについて「菅義偉首相が中止を求めても開催される」と発言したことを挙げ、「いったいIOCは何様か。何の権限でそんなことが言えるのか。まさに日本を『IOC帝国』の植民地扱いする発言だ」と述べた。

27日発売の「週刊文春」によれば、IOCで最古参のディック・パウンド委員(カナダ)は、同誌のインタビューに「仮に菅首相が『中止』を求めたとしても、それはあくまで個人的な意見に過ぎない。大会は開催される」と述べた。

志位氏はこの発言について「主権侵害につながる発言だ」と批判。その上で「菅首相が一言も抗議せず、安全、安心、全力を尽くす、と繰り返すだけでいいのか。主権国家の首相といえるのか」と主張した。