米、五輪選手派遣は「限定枠で」 日本政府の開催努力は評価

サキ大統領報道官(ゲッティ=共同)
サキ大統領報道官(ゲッティ=共同)

【ワシントン=住井亨介】サキ米大統領報道官は25日の記者会見で、東京五輪への米国選手団派遣に関し、「五輪で日本に渡航を計画している旅行者のうち、非常に限定された枠」での派遣になると述べた。

米国務省が24日、日本への渡航警戒レベルを4段階のうち最も厳しい「渡航中止勧告」(レベル4)へと引き上げ、米国選手団の動向に注目が集まっている。

サキ氏は、米国選手団が「非常に特別な入国・移動のルール」に基づいて渡航することになると説明。派遣が例外的な措置になるとの認識を示した。

また、サキ氏は「五輪に関してわれわれの立場は変わっていない」と強調したうえで、「日本政府は公衆衛生が中心的な優先課題であることを重視している」とし、開催に向けた日本政府の努力を評価した。

会員限定記事会員サービス詳細