デマ投稿、二審も有罪判決東名あおり巡り福岡高裁

神奈川県の東名高速道路で平成29年6月、あおり運転を受けた夫婦が死亡した事故をめぐり、被告の勤務先だとするデマをインターネットに投稿し北九州市の建設会社の名誉を傷つけたとして、名誉毀損(きそん)罪に問われた埼玉県川越市の小売店従業員、杉浦明広被告(54)の控訴審判決公判が26日、福岡高裁で開かれた。半田靖史裁判長は、罰金30万円の1審福岡地裁小倉支部判決を支持し、被告側の控訴を棄却した。

半田裁判長は判決理由で「投稿が被害会社の社会的評価を低下させることは明らかだ。不特定多数が閲覧できる状態にしたことは名誉毀損に当たる」と判断した。弁護側は不服として上告する方針。

1、2審判決によると、杉浦被告は29年10月、掲示板サイトなどに、あおり事故の被告の勤務先が北九州市八幡西区の建設会社だなどと、誤った情報を書き込んだ。

会員限定記事会員サービス詳細